マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィック

マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィック(当社イチオシ!!)について説明します。

目次

マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックとは

「マリオット・バケーションクラブ・アジアパシフィック」とは、マリオット・バケーションクラブ・インターナショナルが事業主体の利用期限付き(2056年まで)のリゾートクラブです。

メンバーになるためには、まず権利(会員権)を購入します。その後は毎年の年会費を支払うだけ。
毎年決められたポイントが付与され、手持ちの有効ポイントを使用して無料(宿泊税等諸税別)で所定のクラブ施設を宿泊できます。

利用可能な施設

ホテル経営世界最大手のマリオットグループのスケールメリット!!

  1. マリオット・バケーションクラブ:60ヶ所
    ハワイ、ラスベガス、バリ、プーケット、バンコク、ゴールドコーストなど
  2. ザ・リッツ・カールトン・クラブ:5ヶ所
    サンフランシスコ、コロラド・ヴェイルなど
  3. エクスプローラー・コレクション:40ヶ所
    東京マリオット、シェラトン・モルディブ、コートヤード台北、JWマリオット香港など

※上記は2018年1月現在のもので、クラブ側の判断で利用施設の入れ替えや見直しとなる場合があります。

イチオシ!!5つの理由

1.利用施設数が多い

直接ポイントを使用して利用できる施設が多いので、交換会社等を頼らずに済みます。

2.分かりやすポイント制

施設のグレード、部屋の広さ、利用日により1泊当たりの使用ポイントが異なります。例えば、グレードが高い施設で広い部屋を週末や繁忙期に利用すると消化ポイントが多く、その逆の場合は低い。

3.1泊から予約受付

フレキシブルな旅程が可能。ちなみに他のタイムシェアでは、「最低3泊から受付」等というような条件があります。

4.予約手数料・ポイント繰越手数料がゼロ

ちなみに他のタイムシェアでは、ホーム以外の予約やポイントの繰越には、原則手数料がかかります。

5.”身軽な”権利形態

タイムシェアのような不動産が付いている権利形態ではないので、登記や税務といった面倒な諸手続きが不要です。

マリオット・コオリナ・ビーチクラブ
マリオット・コオリナ・ビーチクラブ
サーファーズパラダイス(ゴールドコースト)
エンパイアプレイス(バンコク)
マイカオビーチ(プーケット島)
ヌサドゥアガーデンズ(バリ島)
目次
トップへ
目次
閉じる